酸素カプセル(Dream-Plus)|札幌市白石区のかしはら整骨院

TEL 011-812-0385

酸素カプセルの料金・注意事項

酸素カプセルの料金

気圧は選べます(1.1-1.2-1.3-1.4)

加圧・減圧時の速度が選べます(ゆっくり・ふつう・はやい)

初めての方は、1.1気圧・ゆっくりでの利用とさせていただきます。

予約時間に遅れる場合は、必ずご連絡下さい。
次の方の予約状況によっては、キャンセルとさせていただく場合もございます。

20:00以降も受付いたしますが、20:00までに予約の確認をお願い致します。
日によっては、用事があり受付をお断りさせていただくこともありますので、その際は、ご了承下さい。

酸素カプセルの予約日のお知らせ

酸素カプセル予約カレンダー

月・火・木・金曜日は、20:00以降も受付致しますが、20:00までに予約確認をお願いいたします。

予約は整骨院窓口、お電話でお願いいたします。

TEL 011-812-0385

酸素カプセルに期待できるポイント

酸素カプセルはヘンリーの法則(*1)に基づき体内の溶解型酸素を増やすことができます。そのため、身体の隅々まで効率よく酸素が供給されます。

(*1) ヘンリーの法則…
気体の溶ける量(液体定量、温度一定)は接している気体の圧力に比例する。
つまり1気圧で3g溶けているなら、2気圧で6g、3気圧で9g溶けているという具合になります。

疲労回復
エネルギーの発生と酸素の関係を図で示すと次のようになります。
筋肉などに蓄えられた糖分(グリコーゲン)は、エネルギーを生み出すと同時に、いわゆる疲労物質と言われる「乳酸」を作ります。 人間の疲労感は、この乳酸の蓄積によるものといわれています。
酸素はこの乳酸を炭酸ガスと水とに分解してくれます。 エネルギー図
酸素不足になるとだるさを感じます。酸素は乳酸などの疲労物質を分解・除去する働きがあるので疲労や筋肉痛を軽減してくれます。
オリンピックチーム、サッカー、野球、すもうなどのトップアスリートが既に多数利用しています。
美肌
皮膚は酸素が行き届きにくく、シミ、しわなど老化しやすいところ。 溶解型酸素は小さいため毛細血管も通りやすく、酸素がいきわたると、血行がよくなり新陳代謝も活発になるので美肌が期待できます。
また、新陳代謝UP、血行が良くなることで冷えやコリの解消も期待できます。
喫煙
タバコの煙の中の一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンが酸素を運ぶ能力を低下させます。 一方、煙の中のニコチンは、心拍数を増加させ、心筋の酸素要求量をふやすと同時に、血管を収縮させるのです。 血管が収縮すると、当然、血液の流れは悪くなり、酸素も思うように運べません。
タバコは酸素の必要量を増加させる一方で、酸素の供給の邪魔をしているのです。
二日酔い
アルコールの分解には、体内で大量の酸素を必要とします。 酸素が不足すると十分にアルコールが分解されず、中間代謝物質であるアセトアルデヒドという物質が体内に長く留まります。 このアセトアルデヒドが頭痛、吐き気の原因になる、いわゆる「二日酔い」の原因であると言われています。
十分な酸素の補給は、アセトアルデヒドの分解を促進します。
ダイエット
酸素が十分に供給されることで代謝はより活発にスムーズに行われるので糖や脂肪が燃えやすい状態になります。 疲れにくくなるので運動も楽に行うことができ、ダイエットの助けになります。
怪我の回復
スポーツ選手がケガの回復に利用することで有名ですが、科学的な実証データ等についてはこれからという段階で、現在様々な報告から研究・考察されているところのようです。 筋肉・靱帯損傷や骨折が起こると毛細血管も切れ血流が悪くなり酸素不足に陥るので、患部の酸素不足を解消することによって回復を助けることが期待できます。
集中力アップ
脳は全酸素消費量の20~25%を消費していると言われます。 脳の細胞が慢性酸素不足で疲労していると頭がボーッとしたり記憶力にも影響します。 また脳が慢性酸素不足だとボケの原因になるとも言われます。
脳に酸素がいきわたることで頭がスッキリするのです。

酸素カプセルについてQ&A

呼吸で酸素が身体の隅々まで行き渡らないのはなぜ?
呼吸で取り入れる酸素は、「結合型」といって、ヘモグロビンに結合して身体に運ばれますが、ヘモグロビンはそのほとんどが毛細血管よりも大きいため、身体の隅々までは行き渡りません。
酸素カプセルの場合は、「溶解型」といい、ヘモグロビンとは関係なく、直接体液や血液(毛細血管含む)の中に酸素を取り込むため、身体の隅々まで行き渡ります。
酸素を取り込む仕組み
なぜ高気圧の空気がいいのですか?
通常の呼吸で取り込んだ酸素は、赤血球のヘモグロビンと結合して(結合型酸素)体中に運ばれてそこで消費されます。
血漿(血液以外の液体)へ直接溶け込む微細な酸素(溶解型酸素)はわずかです。
そのうえ結合型酸素は毛細血管より粒子が大きいため末梢まで運ばれないため、微細で安定した溶解型酸素が必要となるのです。
そこで、普通に呼吸しているだけではなかなか取り込めない、溶解型酸素を増やす方法として気圧をかけるシステムが生まれました。
「液体に溶け込む気体の量は気圧に比例して増える」という法則(ヘンリーの法則)があります。
高気圧酸素カプセルはこの原理を応用し、0.01ミクロンにまで洗浄された空気をカプセルに送り込み、気圧を高めて体内の溶解型酸素量を増やすのです。
効果はだれでも体感できますか?どのくらいのペースが良いですか?
効果の体感は個人差があります。
特に日ごろから健康で体調の良い方にはわかりにくいのが現実です。
精神的肉体的に疲労困憊状態や、スポーツなどで極限状態まで酷使した直後などはハッキリ効果を実感されます。
一般的には週2回、3~4週間ほど続けられて、美容や体調で効果を実感される方がたくさん居られるようです。
どんな人でも受けることができますか?
ご利用いただけない方は以下の通りとなります。
  • 妊娠中、もしくはその可能性のある方
  • インシュリンを投与されている方
  • ペースメーカーを使用されている方
  • 風邪、及び花粉症等で、鼻が完全に詰まっている方
  • 現在、耳鼻科に通院されている方
  • 閉所恐怖症の方
  • 生理中や鼻血、その他出血のある方
  • 耳抜きができない方